頭痛

緊張型頭痛を理解|ストレスの無い生活がカギとなる

健康生活をめざすために

先生

頭痛が頻繁に起こってしまうと、日常生活を送るのも辛くなってしまいます。特に緊張型頭痛のような症状の場合は大変なので、早めに医療機関を訪ねるようにしましょう。ただ通院する場所は慎重に選ぶことが大切です。

Read More...

頭がずきんと痛むとき

病院

緊張型頭痛は無理な姿勢を長時間続けて肩から首筋、頭にかけての筋肉が緊張したり、強い精神的ストレスによって神経が緊張することによって、起こります。頭を締め付けられるような痛みが続きます。鎮痛剤で楽になりますが、乱用は危険です。マッサージや入浴・軽い運動等で筋肉の緊張やストレスを和らげることが大切です。服薬する場合には、医師の指導をきちんと守りましょう。

Read More...

締め付けられるような頭痛

頭痛

緊張型頭痛は首や肩の筋肉がこわばることで、痛みが起こります。筋肉がこわばると、血流が悪くなります。すると筋肉中に老廃物が溜まり、それが周囲の神経に刺激を与えることで痛みが起こるのです。日常生活の中で不自然な姿勢を長時間続けることは、筋肉をこわばらせる要因となります。例えば、パソコンやスマートフォンを使用する際の上半身が前のめりになった姿勢は、首や肩に負担を掛けます。そのほかにも、高さや固さが合っていない枕で眠ることや、長時間の車の運転も負担になる姿勢です。また、冷えも大敵です。首や肩が冷えてしまうと、筋肉が収縮して血流が悪くなるため、緊張型頭痛が発生しやすくなります。緊張型頭痛の対処法は、こわばっている筋肉をほぐすことが必要です。長時間同じ姿勢を続けないように気を付けて、時々ストレッチや体操などの軽い運動を行うことで、痛みを緩和できます。お風呂やシャワー、カイロなどで首や肩を温めることも、緊張型頭痛の緩和に有効です。人間的の頭は、約4kgもあります。この重たさを常に支えているのですから、首や肩には当然かなりの負担が掛かっています。背中を丸めないようにして首の上にまっすぐ頭を乗せる、正しい姿勢を意識するだけでも、緊張型頭痛の予防になります。

慢性的な頭の痛みに悩む人の約7割が、この緊張型頭痛に分類されています。年齢層に関わらず、子供からお年寄りまでこの頭痛は起こることがあります。『ヘルメットをかぶったような』や『ハチマキで締め付けられるような』と形容されるのが、緊張型頭痛の痛みの特徴です。頭痛が時々起こる『反復性緊張型頭痛』と、頭痛が毎日起こる『慢性緊張型頭痛』の2つのタイプがあります。慢性緊張型頭痛には、精神的なストレスが関与している場合があります。過度なストレスが掛かると、筋肉が収縮し痛みが生じます。その痛みがストレスとなる、悪循環に陥ることがあるのです。さらに精神的なストレスにさらされ続けていると、筋肉のこわばりに関係なく頭痛が起こることもあります。これはストレスによって、脳に本来備わっているはずの、痛みをコントロールする機能が正常に働かなくなってしまった状態なのです。このような慢性緊張型頭痛は、精神科や心療内科で処方される、抗不安薬や抗うつ薬で緩和する場合があります。緊張型頭痛では、寝込むほどの痛みはあまりありません。そのために、ついつい我慢しがちです。しかし、あまり我慢しないで肩の力を抜いてリラックスすることが、緊張型頭痛の改善には大切なのです。

ストレスからくる頭痛

辛い

緊張型頭痛は鈍い痛みが頻繁に起こり、頭痛持ちの半数以上がこの症状を持ちます。原因は主にストレスで、精神疾患を患っている人も多いのが特徴です。我慢をせずに、専門病院で治療を受けていくようにし、同時にストレス発散も意識していくようにしましょう。

Read More...

緊張による痛みの緩和

病院

緊張型頭痛は、長時間のデスクワークなどにより首や肩の筋肉が緊張することで生じやすくなります。ストレスも原因となっているので、心療内科での治療を受ける人も多いです。緩和や予防には日常生活での工夫も肝心で、筋肉をほぐしたり温めたりすることが有効です。ノンカフェインのハーブティも、効果的とされています。

Read More...