頭痛

緊張型頭痛を理解|ストレスの無い生活がカギとなる

頭がずきんと痛むとき

病院

緊張型頭痛は最も一般的な頭痛です。きりきりと締め付けられるような鈍痛が、後頭部の両側から頭頂にかけて徐々に始まり、ずきんずきんと続きます。肩や首の凝りを伴ったり、ふわふわしためまいを感じることもあります。痛みではなくて、重い感じ、圧迫される感じ、締め付けられる感じ、また、何かを被ったような感じの方が、主体になるときもあります。偏頭痛と異なって、緊張型頭痛では、痛みで何も手につかないということはなく、仕事や家事もなんとかこなすことができます。吐き気や光・音・臭いに過敏になるような症状も出現しません。痛む部分を冷やすことが効果的な偏頭痛とは逆に、緊張型頭痛では患部を温めたり、肩や首の凝ったところを揉みほぐすことで軽快します。軽い運動や入浴で、全身の血行を良くすることも効果的です。もちろん市販の頭痛薬の服用も効果があります。しかし、症状が進行し、悪化している場合には市販薬では効果を感じることが出来ないケースもあります。そのようなケースの場合は、医療機関派の受診が最適です。

緊張型頭痛は身体的・精神的なストレスがいくつも重なって起こります。どちらかというと、反復性緊張型頭痛は、筋肉の緊張によって引き起こされます。頭から背中の筋肉が緊張して縮むことによって起こるのです。そして、慢性緊張型頭痛は、強いストレスで、頭の痛みを感じるメカニズムが狂うことによって起こるといわれています。緊張型頭痛の診断は、まず他の病気が潜伏していないことを、確認することからはじまります。内科的・神経学的異常を認めず、緊張型頭痛であると診断が確定したら、アスピリンなどの鎮痛剤が、投薬されます。また精神的ストレスを緩和するために、抗うつ剤や抗不安薬、特に精神的な緊張だけでなく筋肉の緊張を和らげるデパスのような薬が、補助的に与えられます。筋肉弛緩剤を与えられることもあります。しかし、安易に鎮痛剤に頼っていると、薬物乱用頭痛を起こして状況がかえって悪くことがあるので、服薬量やそのタイミングに関しては、医師の指導を必ず守るようにして下さい。もちろん、市販の頭痛薬の飲み過ぎも、同様に危険です。現在では、全国各地に頭痛の治療に特化した医療機関があります。そのような医療機関では、カウンセリングを重点的に行なっています。住んでいる地域でそのような医療機関を探す場合には、インターネットを利用するとよいでしょう。インターネットを利用することで、医師の腕がある医療機関なども容易に探すことが可能です。