頭痛

緊張型頭痛を理解|ストレスの無い生活がカギとなる

ストレスからくる頭痛

辛い

頭痛持ちの人は多いですが、中でも緊張型頭痛というタイプは全頭痛の半数以上を閉める割合となっています。この症状は、偏頭痛のような激しい痛みはありませんが、鈍い痛みが頻繁に起こります。同時に肩こりやめまいが生じることもあり、人によってはかなり辛く感じてしまいます。緊張型頭痛の原因は、肉体的・精神的なストレスによるものです。長時間のパソコン操作や、睡眠不足などで起こることもあり、首や肩の筋肉が緊張してしまうことが関係しています。その疲労が脳にも伝わるので、頭痛が起きてしまうのです。精神的なストレスでは、それを強く感じてしまうことで脳の神経に影響してしまい、痛みを感じてしまいます。緊張型頭痛を発症している人は、うつ病などの精神疾患を伴っている人も多いので、鎮痛剤だけでは解決にはなりません。根本から見直していくために、うつ病などの治療も行っていく必要があります。精神疾患による緊張型頭痛は、その原因に本人が気づかないことも多いです。しかし、たかが頭痛とはいっても、その痛みでさらにストレスを感じてしまうことになります。ひどい人は、痛みと気分の憂鬱さで動けなくなる人もいるのです。このような症状が見られる場合は、我慢せずに心療内科で1度診てもらうようにしましょう。

心療内科では、ストレスによって体に症状が出てしまう病気を主に治療していくところです。緊張型頭痛もこれに当てはまり、症状に応じた治療で行われています。治療は、抗うつ剤などの精神安定剤が処方薬となり、脳の神経に働きかけていきます。これを服用していくだけで、症状が軽くなることが期待できるので楽になってくるでしょう。痛みだけでなく、心の憂鬱さも落ち着いてくるようになるので、ストレスが軽減されている証拠です。薬以外にも、カウンセリングによる治療も効果的です。カウンセラーに話していくことで、ストレスが発散されるのでとても役立つ治療法です。緊張型頭痛の改善には専門病院での治療も大事ですが、自分でストレスをコントロールしていくことも改善につながります。ストレスを感じないようにすることは人によって難しいかもしれませんが、ストレス発散なら難しくはありません。ストレスのコントロールとはこの発散の仕方にあるので、溜め込まないようにすることです。好きなことをする時間を作ったり、リラックスすることで心も痛みも反応してきます。心療内科でもこのストレス発散を勧めてくれるので、日頃から意識して行っていくようにしましょう。ストレス発散は、いろんな意味で症状に悩む人を元気にしてくれます。